会長あいさつ・役員名簿


会長あいさつ

会長写真

ある練馬高校の生徒たちのエピソード

銀杏会会長 須藤 勝
  (3期卒業)

 立春を過ぎて、暦の上では春に向かっている筈の今日この頃ですが、今年の冬将軍はなかなか強力で、低温の日が続いております。特に、北陸の大雪には心を痛めております。そんな寒さを吹き飛ばせるかはわかりませんが、心温かいお話をご紹介させて頂きます。私たちの後輩である練馬高校の3人の男子生徒のお話です。

 昨年の12月2日に行われた銀杏会総会には、多くの会員の方々と共に、懐かしい恩師の方がお二方いらっしゃいました。山口俊治先生と小林汎先生です。その山口先生からお聞きしたお話です。山口先生は練馬高校開設の頃からいらっしゃった先生で、私はクラスが違いましたが、同期の学年の担任をなさっており、授業では倫理社会でお世話になりましたので、よく覚えております。現在89歳になられた先生です。

 総会後数日して、先生にお会いする用件ができ、先生に指定された西武池袋線の秋津駅近くの喫茶店で談笑していた折りに、山口先生ご本人からお聞きしたことです。

 山口先生は銀杏会の総会開催のハガキを受け取り、懐かしい練馬高校に行ってみようと思われたそうです。東村山市にお住まいでご高齢な先生は、両手に杖をついて歩かれるようになっておりましたので、とても不安だったそうです。総会前日に、私は先生から練馬高校へ行く経路の確認の電話をいただきました。近くでタクシーを拾える場所なども聞かれましたので、大江戸線の練馬春日町駅が最寄りですが、そこではタクシーを拾うのは難しいので、練馬駅からタクシーを拾われることをお勧めしました。

 ところが、当日、先生は大江戸線で練馬春日町駅まで来られて、エレベーターで地上出口まで来てみると、あの辺りの景色がまったく昔と違っており、どうしようかと途方に暮れていたそうです。そんなとき、3人の男子高校生が下校らしい様子で、そこを通りかかったので先生は彼らに練馬高校へ行く道を聞かれたのだそうです。

 すると3人は、「僕たちは練馬高校の生徒です。一緒にご案内します。」と笑顔で応え、気持ちよくUターンしてくれたそうです。学校に向かう道すがら、いろいろ会話をしながらも、両手に杖をついた先生の歩調に合わせて、ゆっくりと気遣いながら付き添い、学校の玄関まで案内してくれたそうです。玄関前で別れるときに先生は、「ありがとう、君たちの名前を教えて下さい」と言われたそうですが、「いいですよ、そんなの。気をつけて行って下さい。」と言うとお辞儀をして、さわやかに帰って行ったそうです。

 山口先生からは、この話を是非とも校長先生にお伝え下さい、と言われていたのでお伝えしました。校長先生は何も仰いませんでしたが、うなずいて微笑まれていました。

 会員の皆様、私たちの後輩にはこんなに素晴らしい生徒たちがいます。ますます母校を応援したくなりました。これも練馬高校の先生方、保護者の皆様のご指導の賜なのだと思います。同時に、90歳近くなった恩師が、両手に杖をついてまで銀杏会の総会に来て下さったことにも深く感激しています。

2018年2月15日


新役員名簿 (2017年12月2日承認)

名誉会長
丸茂 聡   (現・練馬高校校長)
会長
須藤 勝   (3期生・1969年卒)
名誉副会長
仲田 賀一  (現・練馬高校副校長)
副会長
小澤 直彦  (9期生・1975年卒)
会計
井上 和夫  (3期生・1969年卒)
会計
黒澤 敏明  (10期生・1976年卒)
理事
小嶺 究   (4期生・1970年卒)
理事
三浦 喜雄  (9期生・1975年卒)
理事
宮鍋 和美  (28期生・1994年卒)
会計監査
山下 幸雄  (3期生・1969年卒)
顧問
伊藤 久雄  (11期生・1977年卒)

練馬高校同窓会事務局

〒179-0074
東京都練馬区春日町4-28-25
東京都立練馬高等学校内

練馬高校へのお電話でのご連絡はご遠慮ください。